脱毛レーザー治療
HAIR REMOVAL LASER TREATMENTS
治療
TREATMENTS

その1 施術の予約

電話又は当サイトで予約できます。もちろんその場での予約も受け付けています。

説明内容を自宅でもう一度確認していただくため、施術は後日行うことをお勧めします。完全予約制となります。

※レーザー照射の前日までに剃毛を済ませておいて下さい。長い毛が残っているとやけどの症状が強く出る危険性があるため、照射をキャンセルさせて頂く場合もあります。(院内での剃毛は行っておりません)

その2 レーザー出力の決定

医師が診察の上、部位、毛の太さ、毛の量に応じてレーザー出力を決定します。

その3 レーザー照射

照射時間は、わきの下なら両側で5分くらいです。レーザー照射と同時に冷却のための炭酸ガスを噴射するので、皮膚の発赤などは最小限です。

その4 レーザー後の処理

照射後の皮膚反応を診察した後に、軟膏を塗って終了です。軽いヒリヒリ感は、通常数時間後には消失します。

​診察料

初診

​¥3,000

再診

​¥1,000

IMG_1798_edited_edited.png

​脱毛の4つのステップ

​手技料

​¥10,000

​¥12,000

​¥9,000

部位

初回トライアル

2~5回目

6回目以降

メンテナンス

わきの下

​¥5,000

Vライン(フロント)

​¥7,000

​¥12,000

うで (ひじ下~手指)

ひじ上 (太い毛のみ)

ひざ下~つま先

​¥16,000

​¥16,000

口のまわり (女性)

口のまわり (男性)

​¥20,000

​¥6,000

​¥4,000

​¥15,000

​¥10,000

​¥20,000

​¥20,000

​¥13,000

​¥13,000

​¥25,000

​¥15,000

​¥8,000

​¥5,000

Q&A

回数について

わきの下でしたら、ふつうの場合5~6回の照射で、ほぼ処理の必要がなくなります。ただ、わずかな毛は生えてくることがあります。

どの位の間隔で照射するのでしょう?

わきの下でしたら、照射後3~4週間で毛が生え始めます。発毛が認められてから数週間後に施術するのが効果的です。通常は2ヶ月に1回の照射をお勧めします。

副作用は、

照射の時に「ゴムで弾かれたような」痛みがあります。また軽いやけどの症状も出現することがあります。つまり、赤み、ヒリヒリ感、場所によっては、軽い腫れなどが見られますが、炎症止めの軟膏を塗りますので、ふつう数時間後には消失します。

炎症がつづいた後に見られる「黒ずみ(炎症後色素沈着といいます)」は、ほとんどありませんが、人によっては軽く出現してしまう場合があります。

施術前後でしてはいけないことは?

脱毛レーザーは、メラニン色素に反応します。ですから日焼けしている肌には照射できません。

また、照射後は色素沈着をおこしやすいので、照射の前後1ヶ月間は日焼けを避けて下さい。

脱毛前後のむだ毛処理はどうすれば?

 施術前は、普段と変わらず剃っていてください。毛を抜くのは、レーザー脱毛の効果を弱めますのでやめて下さい。抜くのをやめてから1ヶ月間は照射しても効果が十分に出ません。

 処置後、一過性に毛包から毛が伸びたように、少し出てくることがありますが、これは、脱毛によって収縮した毛包から毛(すでに伸びていません)が押し出されているものです。毛抜きで抜いてみて、痛みや抵抗がなく抜けるようでしたら、そのままにしておいても自然に脱落します。

脱毛できない毛は?

 メラニン色素に反応する脱毛レーザーでは、白毛は脱毛できません。また、色素量の少ない産毛(うぶげ)も脱毛効果が十分に出にくいことがあります。